読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かめ部屋はいつも片付け中。。。

リクガメの「かめポン」脱走から約3年……今はクサガメのかめポン2頭と暮らす4児の母です♡

ママは何にもできない病③

自分で自分の服を作るなんて
約30年前、あれは昭和、
中学生のときの家庭科でパジャマを縫って以来じゃないかい。

しかも、先生が着てるみたいな
着る人そのままに、ぴったりしっくりくるような
素敵な服が
そんなに簡単に
この地域一番くらい、お裁縫がヘタなわたしに
縫えるのかな。。。

とか半信半疑で
前日、自暴自棄になりながら聴いた暗黒ロックを
脳内BGMにしていたわたしですが…

和やかに「簡単やろ〜!?すぐできるけん」
と、ずうっと言われながらの、のんびり作業の末

はい。このとおり

で、できました。

ミシンを久しぶり(7年ぶり!)に開けたら
重要なパーツがなくなってて稼働できず
なんと!手縫いで作ったけど

ストックしといたはずの素敵なリネンの布がどっか行ってて
カバーとかに使う安〜い500円くらいの布を代用する
アクシデントもあったけど

授乳しながら、末っ子のイヤイヤに始終付き合いながらも
超簡単にできちゃった!!服が!!

(⇧正確にいうとまだ裾のまつり縫いができてない(^_^;))

そうか。
なにもかも「できない」と
自分を決めつけてたから
今までできなかっただけだったのか。

がーん
びっくりや。

「服は超簡単に作れる」という
この、ささやかな気づきが
ここまで見事に
自分の価値観を壊してくれるとは…

わたしは主婦で
自分が自由にできるお金があんまり(全然)ないのに
気にいるカットソーやパンツは高価やし、

もう、服を楽しむのは無理なんだ。
歳も歳だしまあいっか、と
どこかで諦めていたんだなぁきっと。


そして、日曜日には
「どこにも行けない」
「なんにもできない」
「お金も時間もない」なんて思いこんで、

わたしは自分で光ることができない
他の光にあやかって、それを映してるだけだ。
たとえば
太陽に比して、わたしはきっと月なんだ、とか
月に対して大変失礼な感じに
大げさに、やさぐれかけてたけど

そういえば月が
あんなにも個性を放ち、美しく輝くのは
月自身が、他のどれでもない
照らすとちゃんと、月のように光る岩や石や大気を
月として保有しているからなんよなぁ…

とか、いろいろ考えてしまった。

そして、この服。
世の中の人はいろいろなので
中には「えーっ!こんなの着るの?!」って反応も、
あるにはあるだろう。

フッフッフッ、そう
こんなの着ますよ♡
ほつれだらけでゆがんでて適当で
小さなことは気にしない
いや、正直にいうと
気になるところも笑い飛ばして、ひと針ブスッと刺し、
ダーッと次に進んじゃう。
これが等身大のわたしの原点なんだ。

折しもその日はウルトラスーパームーンの日。
月でいいじゃん。月がいいじゃん。

ふう。
なんだかひとつ、
心が自由になりました。
そして、

悪いロック万歳♡