読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かめ部屋はいつも片付け中。。。

リクガメの「かめポン」脱走から約3年……今はクサガメのかめポン2頭と暮らす4児の母です♡

脳のカントクよ、働け!!②

この頃あまりにも頭がぼーっとして
疲れやすいので
わたしは自律神経系の異常を疑い、
知る人ぞ知る、なぜか循環器内科に駆け込んだのでしたが…

先生に首の骨がガタガタであることを指摘され
その影響で
「要するに『脳のカントクがダメな状態になってます』」
と告げられてしまいました。。。


↑病院所蔵の雑誌に載ってた首の写真

この写真でいうと
わたしはバッチリ左の方。
レントゲンのあとの診察室で
ちょびちょび白髪のある短髪メガネ中肉の先生は、
いそいそと立ち歩きながら

「はーいMさん(わたしのこと)!分かりましたよ!
原因がもう分かりましたからね〜!!」と
素人目から見ても、
なんか活気づいてる感じすらしたのは
わたしが典型的な「ストレートネック」の患者だったから…かなぁ…

先生テキパキと
「まずですね、隣の部屋でお話を聞いてもらいます。
正しい枕の高さとか、簡単な体操とかを教えますよ。
それから、Mさんの場合は早いうちに
延髄の炎症を取るために、点滴をします。
点滴は1回1時間半を連続3日間
2クールするといいんですが
とりあえずは1クール、やってみましょうか。
点滴、いいですか??」

わたし
「点滴ですか…」

先生
「点滴するとねー、楽になりますよ」

わたし
「やりますやります!!」

…わたしは今月
いろいろな宿題やらなんやら抱えて
実はぼーっとしてる場合ではなく
なんとしてもすぐにでも、頭をシャキンとしたい。

脳のカントクさん、どうか戻ってきて〜!!
とりあえず点滴で!!♡♡♡

と、いうことで、
わたしは点滴を即決したのですが

先生
「これはですねー、ステロイドが入ってるんです。
あんまりお薬ばかり使いたくはないんだけど
この場合はやはり、炎症を取ったほうがいいのでね〜」

OH…ステロイドか。
なんだかこう、
そうよろしくはない響き…ではあるが

わたし
「あ、でもとにかくやります。けどわたし、まだ授乳してるんですけど…」

先生
「授乳!それはダメですね!点滴できませんね〜」

わたし
「いや、もう2歳半でそろそろと思ってたんで。
週末に断乳します〜!」

…と、いうことで
次週の点滴に備えて
ついに末っ子の
断乳を決行することに決めたのでした♡


☆③につづく☆
…これ一体何回つづきになるんだろう?!